税務お役立ちコラム

column list

弊所ではお役に立つ税務情報や、
弊所からのお知らせや新着情報などを
適時、配信しています。

  • 料金一覧 無料お見積自動で簡単お見積はこちらから 無料ご相談・お問合せ 基本報酬 遺産総額 報酬額 ~ 5千万円 25万円 5千万円 ~ 7千万円 40万円 7千万円 ~ 1億円 50万円 1億円 ~ 1億5千万円 65 […]

  • 「大手税理士法人に任せているから安心」ではありません。
    セカンドオピニオンでも無料相談頂ければ、その差をはっきりとご認識頂けます。結論から述べますと、国際資産税と国際相続税に係る案件は、極めて税務調査が実施される可能性が高い案件です。

    「これまで大丈夫だったからこれからも問題ない」

    「うちの税理士は専門家だから大丈夫」という安心を抱いてるかもしれませんが、それは大きな間違いを冒す危険があります。

    もしあなたが、税理士から当案件は「税務調査が実施される可能性が高い」というお話や、具体的な税務調査対策、税務訴訟を視野に入れた戦略などをまだお聞かせ頂けていないのならば、それは非常に危険な状況であり、まず間違いなく、その税理士は当案件の特殊性を全く理解しておりません。

  • 無料のお見積りはこちらからご依頼可能です。 弊所までご気軽にご相談ください。

  • 事務所概要 弊所の想い 代表ご挨拶 弊所の思い すべてのご依頼に対して、決して妥協せず、全知識と思考を投入して、常にベストを尽くすことはもちろんのこと、お客様の利益になることを最優先に、不利益を徹底して減らします。適正公 […]

  • 事務所概要 弊所の想い 代表ご挨拶 国際資産税、相続税などの税務のことなら、課税する側に23年間在籍したキャリアを持つ私にお任せ下さい。皆様を全力で御守りします。 こんにちは。弊所ホームページをご覧いただきまして、ありが […]

  • 弊所では、国際資産税だけでなく、等幅広く税務を承っております。 その中でも特に相続税申告、贈与税申告 、不動産の売却に係る所得税(分離課税の譲渡所得)、株式等の売却に係る所得税(分離課税の株式等譲渡所得)、ゴルフ会員権、金地金、リゾート会員権の売却に係る譲渡所得(総合課税の譲渡所得)、公共用地の取得(収用等)の際における課税の特例の適用に係る「事前協議」業務、公益法人等に対する財産の寄付に係る譲渡所得等の非課税の承認申請業務

  • 「大手税理士法人に任せているから安心」ではありません。
    セカンドオピニオンでも無料相談頂ければ、その差をはっきりとご認識頂けます。結論から述べますと、国際資産税と国際相続税に係る案件は、極めて税務調査が実施される可能性が高い案件です。

    「これまで大丈夫だったからこれからも問題ない」

    「うちの税理士は専門家だから大丈夫」という安心を抱いてるかもしれませんが、それは大きな間違いを冒す危険があります。

    もしあなたが、税理士から当案件は「税務調査が実施される可能性が高い」というお話や、具体的な税務調査対策、税務訴訟を視野に入れた戦略などをまだお聞かせ頂けていないのならば、それは非常に危険な状況であり、まず間違いなく、その税理士は当案件の特殊性を全く理解しておりません。

  • 税務調査において法的な根拠のない不合理な展開があれば毅然と「待った」をかけます。弊所が納税者の皆様にお約束する四つの強みの要点
    そもそも調査を断念させる申告と書面添付を行います。申告時点から税務調査を想定して、調査で相手が攻めるツボを押さえた先回りの戦略構築を行います。  調査したところで修正申告は困難であると国税局に判断させ、調査を断念させます。いざ調査が入っても法的根拠に基づいて適切に国税局と対峙できます
    国税当局部内の事務手続、税法、行政法総論及び憲法を熟知しており、課税関係について国税 当局と争いになっても反論するスキルがあるので、スマートに戦うことができます。適切ではない国税局の不当な介入や不合理な展開を防御します。
    調査中に、法的な裏付けによる的確かつ適正な反論をその場で実行することができ、不合理な展開があれば毅然と「待った」をかけます。 言われるがままになるではなく、減額要素も併せて検討致します。法律上の理由がない処理には応じないので、不必要な是正はないのはもちろんのこと、他の減額要素も 併せて検討して、少しでもお客様に有利となる展開をなるように努めます。

  • もしも相続税調査が入ってしまったら……納税者にとって慌ててしまうような事態でも税務調査に精通する弊所にお任せ下さい。
    納税者の皆様は、相続税調査が入ると聞けば、戦々恐々とするのではないでしょうか?
    「思わず、頭が真っ白になった」 「慌てて、つい不利益になることを口走ってしまった」などなど、多くの方々が苦い思い出を口にします。

    税理士の中でも調査に不慣れな方も多く、 「税務署の言いなりで、何も力になってくれなかった」 「なんのために立ち合いを頼んだのかわからない」と不満の声を口にする方も決して、少なくはありません。

    特に、近年、国税庁は「調査パフォーマンスの向上」のスローガンを掲げ、可能な限り多くの案件に税務調査を実施することに重点を置いています。

  • 調査が入らないように対策することはもちろん調査が入ってしまったときにも、国税局と対峙し、あなたをしっかりと守ります。
    税務調査の中でも、国際資産税と、国際相続税に関しては、税務の中でも極めて特殊で難解なため、税理士において も、その知識を正しく有している人間は皆無といっても過言ではありません。またその調査の立ち合いともなると、 猶更、対応もできなくて当然でしょう。

    弊所においては課税サイドの視線を有することを強みに、どのようなポイントを指摘してくるのか、また、どのよう に対策を行えば、一番、課税を諦めてもらえるのか、という、その課税手法に熟知しております。